新刊案内/好評発売中

茶の文化史 神話の世界から五感の世界へ

孔 令敬 著/「茶の子孫」を自称する中国少数民族の創世神話から現代に至る壮大な茶の世界を、各時代の変遷と多岐にわたる精神世界に触れながら、簡潔かつバランスよく記述。茶文化史への入門に好適の書。
 四六判並製カバー装・264頁/定価(本体2,000円+税)
ISBN978‒4‒903251‒18‒9 →書店様専用注文書
 


 

内容

序…人はなぜ茶を飲むのか
第一章…神話と伝説
 トーアン族の創世神話/神農の伝説
第二章…喫茶の始まり
 茶の呼称/西南地域の喫茶/初期の製茶と飲み方/茶の伝播
第三章…喫茶文化の開花
 北方への進出と普及/寺院茶礼の成立/茶書の出現/日本への伝播と茶税の徴収
第四章…固形茶の時代
 北宋時代の団茶と専売制度/宋政権の南遷と散茶の流行/宋代民間に見られる茶の遊興/散茶製法の日本定着
第五章…中国茶の大転換
 固形茶から葉茶への転換/釜炒り製茶とその飲用法/新製茶の開発/茶馬貿易の復活/「煎茶」の日本渡来
第六章…近代茶の確立
 清代以降の喫茶状況/近代製茶の確立とその分類/現在まで残る少数民族の茶/中国の名茶とその産地
第七章…中国茶のたしなみ
 風味と視覚効果の追求/色と香と味の調和/品茶の成立
第八章…中国喫茶の心
 仙道達観の茶/精行倹徳の茶/清雅恬淡の茶/大乗覚者の茶
結び…茶文化とは
【付録】ダグダガゴライビョー 〜祖先の古い伝説〜
【参考文献・参考論文】
【茶文化史年表】
 


好評発売中

鴎外 わが青春のドイツ

金子幸代 著/森鴎外が初めて留学した19世紀末――「舞姫」「文づかひ」「うたかたの記」などの作品を取り上げ、青春時代の鴎外、鴎外文学の魅力を紹介する。
 
四六判上製カバー装・196頁/定価(本体2,400円+税)
ISBN978‒4‒903251‒17‒2 →書店様専用注文書
 


 

内容
[ベルリン] 

マリーエン教会/ブランデンブルク門/ベルリン森鷗外記念館/コッホ研究所/

シャウシュピールハウス/クロスター教会/ペルガモン博物館
[ライプツィヒ・ドレスデン]
ライプツィヒ駅/オペラ座/旧市庁舎界隈/デーベン城/マッヘルンの騎士の館/
ドレスデン王宮/ゼンパーギャラリー/ゼンパーオーパー/下宿跡/アルベルト王との対面/
もう一人のエリス/女性解放運動家ルイーゼとの出会い/ゴオリスでの送別の宴
[ミュンヘン]
ミュンヘンの凱旋門/ババリア像/王立美術学校/演劇の都/シュタルンベルク湖/
ノイシュヴァンシュタイン城